ブックマーク

My Yahoo!に追加

もくじ

スポンサードリンク

関連サイト

プロフィール

unaginippon

【うな太郎】こと芳川充
1963年北海道生まれ。
水産物など食品の貿易、流通に20年間従事。
食品全般における消費者の大きな誤解を解くため執筆、講演活動を行う。
著書;食品の迷信(ポプラ社)
ブログ;うなぎを見れば日本が見える
マスコミ出演、掲載歴;ここから

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大衆は間違っている

それでは、過去2回の記事の完結編ということで、現在日本で起こっている、真実と世論の理解の大きなズレについて食品を題材に僕なりの理解を語りたい。

人間はもともと、最初に刷り込まれた情報を信じて行動する。
一度信じたら、自分の考えを補強する情報を集め、反対の(不愉快な)意見は無視する。
回りで起こるあらゆる事象も自分の考えと合致するように都合良く解釈する。

日本は特に同質の社会なうえ、情緒に流されやすいので余計だ。

「中国産食品は危険」
「国産は安全でおいしい」
「養殖物は危険」
「農薬、添加物は危険」
「無農薬野菜や無添加食品が安全でおいしい」
「天然が安全でおいしい」

これらの情報がメディアを通じて、一斉横並びに報じられると、誰もが信じる。
人間は権威に弱いので、活字になったものやテレビで報じられたものを「真実」と受け止める。
それらの情報はいつのまにか、「十分に吟味された真実だけが出ている」と信じ込んでいる。

一度信じたら最後、それが真実なのかどうかを検証することはない。
繰り返し報道されるとそれが確信⇒信念へと変わる。

「食品の裏側」は発売後3年以上経過した今でも圧倒的に売れ続ける、ベストセラーでロングセラーだ。
販売部数、売れ方からすると「日本人の食品のバイブル」といっていい。
内容は「世界的な科学的知見」を無視して、危険を煽ることを目的化としたようなもの。
論理が幼稚といっていい。

しかし、この本は大衆が思っていた不安に見事に答えてくれた。
「添加物は危険」と信じている或いは疑っている人にとって、その思いを補強してくれるという意味で、タイミングと内容が見事に合致していた。

食品に対して大衆が誤解するようになったのは、メディアのせいとばかりは言えない。

もともと人間は自分を実際よりも高く評価する生き物だ。
実際に持っている能力や判断力はあまり高くないのに、自分はそれを高いレベルで兼ね備えていると思いこむ。

特に日本人は排他的なので、自分に近いものや自国のものが一番素晴らしいと思いこみやすい。
そう思いたいからそう思うのだ。

だからどれほど、日本の食品で事故や不祥事が起きても、
決して日本の食品への不安にはならない。
「国産は安全」という信念があるから。

誰でも自分の考えや価値観が認められるとうれしいし居心地がいい。
だから、それを覆すような情報は不愉快だし、関わり合うのもめんどくさい。
信じ続けたいから信じる。

これが、人間共通の、そして特に日本人に顕著な思考のメカニズムだろう。


次に食品偽装について。

食品偽装が起こるたびに、批判が起こるのは当然としても、その批判内容が的外れなことが多い。

食品偽装を批判する誰もが、人間の倫理を説き、自分には到底理解できない行動だとする。

しかし、人間は誰しも状況に応じてごまかしもすればウソもつく
学校の教科書的な倫理はある種の呪文でしかないのが実態だ。

それは「日本人が最も倫理的であると信じる日本人」が、食品のみならずあらゆる業界で偽装を行っている実態からも裏付けられる。

僕の経験からいうと、最も他人に倫理を説いて厳しく批判する人間ほど、本人の行動はいいかげんなものだ。
マスコミ関係者や教師に耳を疑うような不祥事が多いことも決して無関係ではないだろう。

これは、自分というものをあまりに高く評価しているがために、自分がわかっていないからだ。
だから自分がある状況化でいかに非倫理的な行動を起こすかわかっていない。

そして、自分に言い訳をするのが得意だから、非倫理的行動をとった自分に
「たまたま魔がさしただけ」
「自分をこうさせた回りが悪い」
として、忘れようとして忘れる。

決して偽装を正当化しないが、人間は弱い動物であり誰もが起こしうること、として考えなくては何の解決にもならないだろう。
消費者の立場からいうと、性善説では騙されるだけ。

特に人を信じやすい日本人は騙されやすい。
本音と建前に大きな差があるから誤解も大きい。


以上、
”最初に刷り込まれた情報に縛られて行動する”
”ほとんどの人間は倫理的であると勘違いしている”
の2点を取り上げた。

これらは客観的に見れば不合理なことで損な行動をすることになるが、これらは大多数の人間の性質なので、恥ずべきことではない。

まず真実はどこに見極めなくては、正しい結論に至るはずがない。

そのことをよく認識して、考えや行動を見つめなおすということが、重要なのではないか。

自分のために。



スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ

人間は誰もが矛盾だらけ

前回の続きということで、
「予想どおりに不合理」の内容の一部をお伝えしようと思う。

この本では人間の特性を非常に多くの角度から、ユニークな実験を通して分析し、さらに不合理な行動をとらないための対策が描かれているので、内容が濃くかつ豊富。

全部を説明するとキリがないので、僕が特に感銘を受けた部分だけをとりあげる。

著者のダン・アリエリーは、様々な実験の結果から、次のような結論を導いた。
他にもあるが、ここでは4つだけ取り上げる。

一つ目)
人間は最初に決めたこと、最初にとった行動に対してその後も矛盾しない行動をとろうとする。


つまり常に最初に決めたことを基準として考えるということ。
もちろん、最初に決めた行動が正しいか(合理的か)、正しくないか(不合理か)は関係ない。
だから最初に不合理な行動を選ぶと、その後もその不合理な行動を選び続けるし、その行動を正当化する情報だけを集める傾向にある。


二つ目)
人間は誰もがジキルとハイド


最も聡明で合理的な人でも様々な要因によって豹変してしまう。
冷静なときと熱くなっているときの隔たりが本人が予想もしないぐらいに大きい。
つまり人間は複数の自己の寄せ集めかもしれない。


三つ目)
人間は所有意識が非常に強く、それを失くことを極端に恐れる


だから収入が落ちたり、物価が高くなっても生活の質を落とすことができない。
強い所有意識は物質的なものだけではなく、地位や名誉、思想なども含む。
ただし、それらが最初から所有していないのであれば、例え等価なものであっても所有に固執しない。


四つ目)
人間はチャンスがあれば、多くの「正直な人」がごまかしを行う


人間は自分に都合がいい(他者を喜ばせたいという願望も含めて)ときだけ正直になる傾向がある。

また、不正行為を正当化するのに長けているので、不正直な人間だと思うことなく不正直になれる。
私たちの大半がこうなるとは予想していない。
ただし、ばれる可能性が全くなくてもとんでもなく不正直にはならない。(ここでの実験はハーバート大学の学生で行っていることを留意)


どのような実験を行ったかという例を単純なもの一つだけ挙げる。

通常のビールとバルサミコ酢を加えたビールを、何の説明もなしに飲ませた場合、
多くの人はバルサミコ酢を加えたほうのビールがおいしいと判断した。

次に、あらかじめ事実を説明してから飲ませたら、多くの人がバルサミコ酢入りのビールを飲むときに、みけんにシワを寄せてまずそうに飲み、結果として通常のビールがおいしいと判断した。

ここでわかったことは、あらかじめの情報(偏見)によって、自分の判断の結果が決められているということ。


これらの実験はハーバート大学やMIT(マサチューセッツ工科大学)といった世界でも選りすぐりの知性と教養を持った人たちを対象に行われた。
一般的にいうと彼らは、判断能力に優れ、合理的な行動をとることができる人が多いと思われる。
だから一般的な人で実験を行った場合は、もっと顕著な結果になったかもしれない。


僕はこの本を通じて、
私たちは僕も含めて、実は自分自身をよくわかっていないのだということが思い知らされた。

しかし、それは悲観することではない。

その事実を知ったことは(この本を読んでいないほとんどの人は知らない)ラッキーなこと。


見方を変えると、不合理で不正直な行動をとることは、みんなが行うことなので恥ではないし、その行動はあらかじめ予想できる。

「予想どおり」なわけだから、対策をとることができる。


自分の弱点を自覚し、認めている人のほうが自力で問題を克服できるので、ぜひ本書を読まれることをお勧めする。





テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

予想どおりに不合理

僕は今大変興奮しています!

先日は週刊女性の記事を持ち上げたが、本日は画期的な本のご紹介。

この本によって、今まで長らく疑問に思っていてモヤモヤしていたものが一気に晴れ、今後の自分の考え方や生き方さえも変えかねないうれしい事態となっている。

「予想どおりに不合理」
がその題名。
原題;Predicatably Irrational
出版社;早川書房
著者;ダン・アリエリー
訳;熊谷淳子

著者のダン・アリエリーは、アメリカの行動経済学者者で、2008年にイグノーベル賞を受賞しており、この本はアメリカでベストセラーとなった。

本の内容は、簡潔にいうと、
人間はいかに不合理な行動をとる生き物で、しかもそれが規則的で「予想どおり」であることを、様々なユニークな実験によって明らかにした
もの。

人間は誰しも、自分にとって有益で合理的な行動をとろうとするし、実際にそうしていると思いこんでいる。しかし、それが実は大きな勘違いであり、条件さえ整えば誰もがほぼ画一的に無益な行動や不正などを行う、といったことが非常に説得的に書かれている。

人間の行動を検証する実験がユニークで、読んでいるうちにのめりこんでしまうし、何より優れていると思うのが、導き出した結論から、いかに不合理な行動をとらないようにするかの方策に関しても考察、研究がなされ、提示されていることだ。

だから、この本によってあらかじめ不合理な行動を予測し、対策を施すことによってある程度はその不合理な行動を回避できるようになっている。

大袈裟にいうと人生の指針になりうるということができる。

僕は長い間、ほとんどの日本人は食品に関して大きな誤解を持っているにも関わらず、なぜ自分は正しいと思いこみ、不合理な行動をとっているのかを疑問に思っていた。
なぜ真実を見ようとせず、従来の考え方に固執しているのか。

また、マスコミなどメディア、一般の人たちは極めて倫理的なことばかりを語り、それに反した者を厳しく批判するが、自らの行動はどうかというと、非常に疑問が残る場合が多い。

そのようなことを指して
「一億総偽装社会」
とか、「ガラパゴス日本島」などと呼んで、揶揄したものだ。

食品、とりわけうなぎは、象徴的なものであって、不合理な行動は社会のあらゆる面に見られるので、余計不可思議なものであった。

それらの疑問が一気に取り払われて、清々しく縁起の良い年初となった。

皆さんには僕のさらなる説明なんかを読むより、ぜひ実際に呼んで欲しいが、どうしても読めない人のために、次回はその詳細に踏み込んで書いてみようと思う。












テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

「週刊女性」1月27日号の記事

今週号の「週刊女性」に画期的記事が出た。

表紙のキャッチフレーズは、
「『有機・無農薬は安全』『中国産は危ない』は大ウソだった!」


そして中の記事の頭には次のような文言。

「もうダマされない!間違いだらけの”食の常識”」

~中国産は危ない~
~地球温暖化で食糧危機~
~有機は安全~

内容は以下の「食にまつわるウソ」として
次の項目が出ており、一つ一つに対して丁寧に解説している。

1、無農薬・有機野菜は安心でおいしい
2、合成保存料・着色料は諸悪の根源
3、中国産ウナギは危ない
4、地球温暖化で食料危機が
5、食料自給率が低すぎる
6、子供たちの食育が大切



この記事はある意味スクープといってもいいほどの重要性を持った記事といえる。

今まで食品に対して、このような客観的データや科学の常識に基づいた記事が出るのは、ごく一部の書籍、新聞記事、週刊誌に限られていて、しかも新聞や週刊誌の記事はごく断片的だった。

今回のように、食品全般に対しての誤解を網羅的に指摘している記事が、広く読まれるメディアに掲載されたのは、少なくとも僕が知る限り初めてだ。

まさにエポックメーキングといっていい。

実は昨年の12月にここの記者が僕のもとに取材に来た。

記事の意図が僕の普段主張している通りのものだったので、僕は思わず
「女性誌でそのような記事を書くなんて、反発を受けるんじゃないですか?」と聞いたほどだ。

記者いわく、
「いやいいんです。」
「主婦の中には本当は食品が高すぎて困っている人もたくさんいるし、そういった恐る恐る安い食品を買っている人にはうれしい記事になりますから」
とのこと。

今までにも、僕の主張に同調してくれるメディア関係者は少なからずいたが、今回ほど記事に大々的に扱ってくれたのは過去にない。


やりましたね!「週刊女性」


僕は今まで、口を極めてメディアを批判してきたほうだが、今回は「週刊女性」の勇気と見識を絶賛したい!

今週いっぱいは売られているはずなので、女性も男性も(笑)国民全員に読んで欲しい記事だ!


表紙全体
 表紙一部
 
記事内容









テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

ブログの移転について

約1年半にわたり、運営してまいりましたブログ
『うなぎを見れば日本が見える』

投稿回数が100回に達したこと、一ブログとしては大きくなりすぎたこと、そして新年を迎えたことを機会に当ブログ『うなぎと日本』に移転することとしました。

この1年半の間に、このブログをきっかけとして本の出版を行なうことができ、
それがまた縁で、多くのマスコミに呼ばれる機会を得ました。

「食品アドバイザー」としての活動もすべて、このブログなしにはあり得なかったことでしょう。

何より、自分として様々な食品の現実やあり方、消費者の誤解や社会の問題を深く考えるきっかけとなりました。

しかし、先述したように様々な事情が重なったことから、新たなブログとして(内容は続編的ですが)スタートすることといたしました。

もう以前のブログに投稿しないというわけではありませんが、
あくまで当ブログを活動の本拠点としてフレッシュな気持ちで取り組んでいきたいと思います。

今まで同様、よろしくお願いいたします!



テーマ : お知らせ - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。